IVS(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)2016 Fall「Launch Pad」の結果は全て農業に絡んでいた #未来農業media

今年のIVSの結果が出たようだ。

http://techwave.jp/archives/launchpad-result-ivs-2016-fall-24280.html



IVS(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)とは

IVSとは、スタートアップ界の中ではかなり有名なスタートアップイベントのことである。

Infinity Ventures Summit

昨年はAgriBus-NAVIが優勝し、それからチェックはするようになっていたのだが、今年はまた面白い動きが出てきたようだ。

ついに農業ITにも陽の目が当たる時が来た!#IVS #AgriBus-NAVI #未来農業media

今年のIVSピッチコンテスト「Launch Pad」の上位3社

審査で選ばれた14社のうち、さらにピッチの中から選ばれた上位三社がこちらである。

第3位: 素人がいきなり農業で活躍できるサービス「LEAP」

第2位:産地から食材を直送「ポケットマルシェ」

優勝:中古建機をネットで販売する「ALLSTOCKER」

……こちらを見てみると、なんと上位三社全てが農業に絡んでいるという……!

かなり時代は変わってきた。変わらないのは農政と農家だけなのだろうか。

非常に驚きの結果だ。

続いて、この三社を個別に見てみよう。

第3位: 素人がいきなり農業で活躍できるサービス「LEAP」

LEAP

トマトの袋栽培を活用することにより、素人でも簡単に新規就農ができるソリューションを提供する。

ゆる野菜というブランドの販路を既に用意しているので、販売面でもサポート体制を確立。

第2位:産地から食材を直送「ポケットマルシェ」

ポケットマルシェ

「東北食べる通信」でも有名な、食材付き情報マガジンである。

生産者と消費者を直接繋ぎ、オンラインでの対面販売を可能とする。

さらに、コミュニティ機能も提供することで、直接流通を実現させる。

優勝:中古建機をネットで販売する「ALLSTOCKER」

ALLSTOCKER

世界中で必要とされている日本の中古建機のオンラインマーケットプレイスである。

農機具も扱われているので、普通に欲しい物がたくさんあった。

ミニユンボとか欲しい。



まとめと感想

色々思う所はあるが、ITがここまで他業種へと広がってきたのを実感する今回の結果だった。

次回は、一つ一つのサービスをもう少し細かく見ていきたいと思う。

ただ、確かにどれも素晴らしいサービスではあるが、その裏にある業界事情をしっかりと把握していなければ、成功することは難しい。

一つだけ懸念することは、

入り口をいくら増やしても、農政と既得権益農家をなんとかしなければどうにもならない!

……ということだろうか。非常に引っ掛かる所ではある。

ちなみにyoutubeで検索すると、プレゼン動画が観られます。

 

個人的に気になったサービス

個人的には、こちらのVRラノベサービスが気になった。

MyDearest、VR書籍「フルダイブノベル」

 

関連キーワード
  • 新規就農者たちの傾向はどんな感じ?驚きの新規就農者の実態 まとめ
  • みんな一体いくらで農業を始めているの?驚きの新規就農者の実態 その5
  • 就農時に一番苦労することは?驚きの新規就農者の実態 その4
  • 果たしてどれくらい新規就農者は増えたの?驚きの新規就農者の実態 その3
  • 結局、新規就農して生計は成り立つの?驚きの新規就農者の実態 その2
  • ぶっちゃけ新しく農業始めたらいくら稼げるの?驚きの新規就農者の実態 その1
おすすめの記事
未来の日本農業界について思うこと
農業ニュース
大阪都構想の決着が付いたようだ。 あちこちで注目されていたらしく、落胆の声が挙がっているのがよく見える。私も全く同感だったのだが、今回はこれ...
未来農業ガジェット−Green Seeker
農業ニュース
最近、続々と農業向けIoTが登場してきて、世界で農業が注目されてきているということがよく分かります。 今回のニュースはこちら。 バングラデシ...
土壌の生物多様性と有機物
TGA
土壌の生物多様性について、それを維持する為に、有機物を土壌に入れれば良いという話を良く聞きますし、また、土壌中に有機物を入れるのが有機農業だ...
【異世界農家】#7 三日で飽きた。
ラノベ/異世界農家
さて、どうやら異世界農家となってしまった俺のサバイバルな生活が、次の日から始まった。 ルルガを始め、長老たちは別に魔王を倒してくれだの、世界...