新規就農者は知っておきたい農業の基礎知識と参考文献

      2017/05/13

それではまず、初心者向けに農業の基礎の概要を紹介したいと思います。




農学知識の基礎

農業とは、生態系をトータルに考えなければならないため、大まかに以下の様な知識が必要となってきます。

  • 植物生理学(植物が生きる仕組み)
  • 土壌学(土の成り立ちと特徴)
  • 自然科学(自然界の物理的な仕組み)
  • 生化学(生物の生体反応の仕組み)

これらのような情報を組み合わせることによって、生態系で何が起きているのか?ということが推測できるようになってきます。そうすると、一見ブラックボックスに見える生態系がどのような動きをしているのかということが理解できるようになるので、圃場における環境変化のことが分かってきたり、怪しい資材や農法などに惑わされることは無くなると考えられます。

参考文献

これから、一つずつの項目について解説していきたいと思います。参考になる文献を紹介しておきますので、もし興味が有る方はこれらの専門書籍をご覧頂くと良いかもしれません。Wikipediaなどを併用すれば、ほぼ情報は網羅できることでしょう。こちらに記載されている情報が概ね理解できた時、かなり日本の農業の先端に近い知識が得られたと思っていいでしょう。

ちなみにこれらの文献は、古い物では既に十数年前などに出版された物です。これを読むだけでも、相当の知識が得られると思うのですが、何故全然浸透してないんでしょうね……?この辺りに業界の問題点が見え隠れしているような気がします。

>有機栽培の基礎知識

 

>土壌微生物の基礎知識

土と施肥の新知識

……これからの農業者は、こうした基本知識は必須だと考えています。

是非一読されることをオススメします。

 - 新規就農 , , , , , , ,