果たしてどれくらい新規就農者は増えたの?驚きの新規就農者の実態 その3

   

はいどうも。まんまと私の地元の自治体に、青年就農給付金の監査が今年入ることになり、戦々恐々としている筆者(@sumita_hiroki)です。監査に引っかかって給付金を返還するなんてことになったら、多分私は農業を辞めることでしょう……。というか、農業ではお金が返せそうにありません。

ぶっちゃけ新しく農業始めたらいくら稼げるの?驚きの新規就農者の実態 その1

結局、新規就農して生計は成り立つの?驚きの新規就農者の実態 その2




果たしてどれくらい新規就農者は増えたのか?

それでは今回は、そもそもこの調査の母数はどれくらいなのかを見てみたいと思います。

いつもの通り、下記の資料に目を通してみましょう。アンケート用紙の配布数がこちらです。

>新規就農者の就農実態に関する調査結果【概要版】平成28年度

一般社団法人全国農業会議所 全国新規就農相談センターより

 

【都道府県別の青年就農給付金受給者への配布数】

都道府県  準備型  経営開始型


 

北海道    27   684

青森     28   618

岩手     15   355

宮城     15   115

秋田      2   301

山形     31   483

福島     22   205

茨城      7   349

栃木      9   260

群馬      3   152

埼玉     15   122

千葉     24   221

東京      2    25

神奈川    12    69

山梨     30   211

岐阜     18   202

静岡     11   303

愛知      9   287

三重     10   150

新潟     32   210

富山      1    56

石川      5   134

福井      7    57

長野     34   505

滋賀      5    89

京都     13   197

大阪      3    69

兵庫     12   183

奈良      6   107

和歌山     7   246

鳥取      8   167

島根      4   156

岡山      8   187

広島     20   144

山口      4   201

徳島      5   273

香川      3   178

愛媛      9   355

高知     16   287

福岡     16   538

佐賀      5   213

長崎      7   294

熊本     20   830

大分     17   219

宮崎     28   404

鹿児島    29   751

沖縄     23   483

合計 13,282名

これが、青年就農給付金を受け取っている農家の数です。青年就農給付金は、経営開始後5年目までの農家しか受給できないため、必然的にこの数が農業を開始して5年目以内の農家、ということになります。

全国で、13,282名も新しく増えてるんですね。




都道府県別に新規就農者の動向を見てみる

ちなみに、赤字で新規就農者の多い都道府県、青字で少ない都道府県をピックアップしてみましたが、ここから分かることは……?

  • 熊本、鹿児島の異常な多さ→震災後、九州へ移動した自然派な方々が多いと聞いていたのですが、データでも出てますね
  • 都市部を除くと、本州日本海側の富山、福井が少ないので狙い目かも?
  • 長野も結構多いと思っていたのは当たっていた
  • 東京から離れるほど多いのは、地元就農組か?

こんな感じでしょうか。参考にしてみてください。

アンケート結果の母数がこちら

ただし、上記の数はアンケート配布数なので、実際にアンケートに記入した後に、集計されたのは上記の数ではありません。調査結果は、集計された数の中の話です。

というわけで、アンケートが返ってきた数が、

【回収数】:5413

であり、そのうち有効回答数とその内訳は、

【新規参入者】:2370名

>農家出身でない者:1937名

>祖父母が農家:433名

【親元就農】:2007名

>全てを継承:549名

>一部を継承:536名

>新部門を開始した:408名

ということでした。

まとめ

全国で13,000名以上も増えている新規就農者のうち、2,370名の中から集計された結果が先日のデータでした。

半数以上がまだ不明の状態となっているようですが、果たしてその人々の実態はどうなんでしょうか……?予想では、こうしたアンケートに答える人々というのは、どちらかと言うときっちりしている方ではないかと思うので、残りの方々は忙しかったのか、もしくは逆に……?

それにしても、都道府県別新規就農者のデータは面白いですね。まだ詳しく明らかになっていない日本の人口移動の片鱗が見えているような気もします。次回はまた別の項目を見てみましょう。

 - 新規就農, 農業ニュース , ,