みんな一体いくらで農業を始めているの?驚きの新規就農者の実態 その5

   

雨続きの中、ようやく畑が開始できました。筆者(@sumita_hiroki)です。

引き続き、新規就農の実態シリーズについて説明していきます。

ぶっちゃけ新しく農業始めたらいくら稼げるの?驚きの新規就農者の実態 その1




みんな一体いくらで農業を始めているの?

例によってこちらの資料からのデータです。

>新規就農者の就農実態に関する調査結果【概要版】平成28年度

一般社団法人全国農業会議所 全国新規就農相談センターより

就農1年目の費用と自己資金の中央値(新規参入者)

によると、新規参入者の営農面に要する費用は、

機械施設等:200万円

種苗肥料燃料等:100万円

合計:300万円

用意した自己資金:150万円

差額:−150万円

となっています。また、生活面でかかる費用と売上高は、

生活資金:100万円

1年目の農産物売上高:100万円

であり、前回に比べて全体的に下がっているようです。

年齢別・作目別営農費用

年齢別の営農費用合計で見ると、30歳〜60歳までが300万円であり、29歳以下と60歳以上が250万円となっています。

作目別では、

水稲・麦・雑穀・豆/費用合計:280 営農資金:100 差額:−180 生活資金:80 1年目売上:80

露地野菜:/費用合計:230 営農資金:100 差額:−130 生活資金:100 1年目売上:80

施設野菜:/費用合計:440 営農資金:200 差額:−240 生活資金:100 1年目売上:200

花き・花木:/費用合計:400 営農資金:200 差額:−200 生活資金:150 1年目売上:200

果樹:/費用合計:230 営農資金:150 差額:−80 生活資金:100 1年目売上:100

酪農:/費用合計:1550 営農資金:300 差額:−1250 生活資金:200 1年目売上:2157

その他畜産:/費用合計:350 営農資金:100 差額:−250 生活資金:63 1年目売上:40

その他:/費用合計:280 営農資金:100 差額:−180 生活資金:80 1年目売上:66

となっていました。




不足分の借り入れ状況

上記の不足資金に対して、借り入れ状況を確認すると、42.6%が資金の借り入れを行っていました。そのうち、

制度資金

青年等就農資金:56.1%

経営体育成強化資金:4.7%

スーパーL資金:3.7%

農業近代化資金:4.1%

その他:4.4%

民間資金

農協:12.9%

銀行:5.0%

その他:9.0%

という割合だったようです。調査ができなかった経営体も含めると、実数はさらに多いようです。

また、資金借り入れの際の問題点は56.4%が「特に支障を感じたことはない」と回答しており、資金は借りられやすくなっていると言えるのではないでしょうか。

最後に次回、書ききれなかった部分と総合的な所感をまとめて終わりにしたいと思います。

 - 新規就農, 農業ニュース , , , ,