未来の日本農業界について思うこと

大阪都構想の決着が付いたようだ。

あちこちで注目されていたらしく、落胆の声が挙がっているのがよく見える。私も全く同感だったのだが、今回はこれに関連して日本農業界の未来について予想することを書いてみたい。



農業ってそういうことだったのか/大阪都構想否決を受けての所感

まず参考情報として、こちらを挙げておこう。いつも参考にさせて頂いているブログだ。こちらについても全くの同感である。

農業界とベンチャー界について

さて、しばらく農業生産から少し離れて、ベンチャー業界に関連するクラスタに接触していた。そして、できるだけ直接農業とは関わりのない分野のことも調べて、その動向などを調査したりもしていた。おかげで、狭い農業界の人間だけではない分野の知人たちもでき、まだ比較的若い子たちが多いエンタメやサブカルなどの分野の情報も分かってきたりした。

が、そうした活動を通す中で、痛感したことがある。それは、

  • みんな思ったより最新情報を知らない
  • みんな思ったより変化に消極的
  • みんな思ったより、なんだかんだで現状に満足している

……ということだった。

情報感度の差は場所ではなく、感性にある

これまでは、ご老体が多い業界の田舎にいたせいで周囲の情報感度が低かったので、環境を変えて都会に行ったり、若者たちと話をしたり分野が違ったらそうではないのではないか?と思っていたのだが、それが……そうでも無かったのだ。

自分の身を振り返ってみると、ごく普通に情報収集をし、分析をしてそれを発信しているだけのつもりだったのだが、それはどうやら……普通ではなかったらしい。

別に自慢したいとかそういうつもりなのではない。実際に色んな人と話をしてみてそう思っただけのことだ。例えば最近では、「ちきりん」を知らない人が普通にいるということに驚いたりもしたし。

この辺りを考えてみると、人はどうやら自分の専門外のことについては、普通に一般人と同じかそれ以下の情報感度になり得る……ということである。

これは結構個人的には意外だったことで、最近お会いする機会があったベンチャーキャピタル(VC)の若き投資家の方の話を聞いていた所、「自分の得意とする分野以外の投資は一切しない」というポリシーをお持ちのようだった。

割りと何でもやってみたくなってしまったり、異業種交流に活路を見出そうとしている私からしてみるとあまり分からない感覚だったのだが、どうやらそういった思考をする人は多いようだ……というのが結論だ。

ベンチャーと農業の相性の悪さ

結局、先進的な若手ベンチャーなら違うのではないか?と思っていた私の予測は見事に外れ、と同時に今最も産業界で勢いがあるITベンチャーと言えど、「農業」などというよく分からない分野に投資をしたいと思うような人はほとんどいないのだろう……ということを実感させる最近だったのである。

おそらくこうした日本国民の意識の結果として現れたのが、今回の大阪都構想の結果なのだろう。……今の日本は、チャレンジをする人を支える土壌ができていないのだ。

ましてや、その土壌の縮図である、「高齢者既得権が蔓延っている」「自然環境リスクが存在し」「国によって参入障壁や民業圧迫が常態化している」「ブラックボックスで実態がよく分からない」農業界でなど、チャレンジする人間を後押しするような人々が現れるはずもない……!

『これは実際に、私がやってみて実感したことである。』

※ただし、自分の生活に支障がない範囲で応援をするだけ、の人は非常に多い。



最後に、日本農業界の今後について少し考えてみよう

今回の件を見てみても、日本で今後の農業のあり方を激変させるような若手が出てくる可能性は低い。そうしたベンチャーは、欧米を中心とした海外で発生し、途上国で一気に普及し、そのうち日本農業が再編不可能なほどに衰えた頃に逆輸入される形で導入されるだろう。

これから日本で起きるのは、大企業と国家と大学研究機関が連動した大資本を投入する形での生産効率性を追求する形の技術革新。そこには一部の先進研究機関以外のベンチャーが関われる可能性は低いだろう。そうしてそれらは国家戦略として国のバックアップを受けた上での海外展開。……おそらく植物工場的な形が主となるだろう。

そこまでの資本を持たない若手参入者たちの中でやる気と能力のある人は、早々に海外……主にはアジアへ出て行くだろう。同時に、それをオススメする。

ただの生産を考えていた場合、資本力が勝負になるので、新規参入者は大企業には勝てない。品質や技術力という面でも、IoTが普及して数値化されてきた今後は同様の結果となるだろう。なので私はそうでないルートの農業をずっと模索していたのだが、それすらも「業界のしきたり」によってままならない状況だ。

メディアや国の報道によって惑わされてはいけない。日本農業界には全然参入する隙間など無い。若手が大企業以外で農業をやろうと思ったら、僻地で家庭菜園レベルの趣味的農業を行うことをオススメするし、当分の間はそうでなければ成り立たないぐらいの環境にしかならないだろう。

……そう、大阪都構想が実現できるぐらいの環境が整うまでは。

関連キーワード
農業ニュースの関連記事
  • 俺はまだ本気出してなかっただけだったAmazon!とうとう世界征服に向けてホールフーズを買収
  • 日本農業は何故輸出できないのか?現場から見てきたその3つの要因
  • 楽天が新たにテレファームと始める「Ragri」について考えてみる
  • インドネシアでも広がる生産者直売プラットフォームの広がり
  • ベトナム農業でバブルを迎えるハイテク農業とは一体何か?
  • 日本マイクロソフト株式会社たちが本腰を入れて始める産官学連携農業情報プラットフォーム
おすすめの記事
生態学的に見た安定土壌
農業技術
最近の農業界でも、色々と動きが起こってきているようですので、ここで私の大胆な仮説を展開したいと思います。 その一つが、『徐々に硬くなっていく...
生きた食材を食べるLiving Food
農業技術
バイオフードアーティストによる動く食材!!将来的に生きた食材が食卓にあがる??合成生物学を用いて考えられる食材!! 『踊り食い』という食文化...