拡大している中国の農業投資

      2017/05/19

中国の農業への力の入れ具合が凄い。



一帯一路構想

「一帯一路」が5000億元規模の農業海外投資市場を育成へ

近年の中国の躍進は今更語るまでもないが、その勢いは農業に関しても例外ではない。……いや、むしろ国力が増大するに従って、食糧は必ず必要となってくるので、経済成長する時にはそれに伴って第一次産業にも必ず変革は起こる。

世界一の人口を持つ中国が食糧輸出国から輸入へと転じたというのは、業界だけでなくアジア近郊の国家にとっても無視しがたい現実であるが、その勢いをさらに裏付けるニュースが流れてきた。

中国企業 ラオスに1万㌶の稲作・畜産用地 外国農地頼みの食料安保戦略は健在?

ラオスに関しては、私もずっと目を付けていた場所ではあるのだが、どうも周囲の感度が鈍かったのか、なかなか乗ってくる人はおらず、そうこうしているうちにこのような動きが生まれてきたようだ。中国はその食糧生産を周辺諸国へと広げ、食糧の確保へと勢力を拡大している。……いよいよ、この時が来たか、という感じだ。

他にも、しばらく前に海南島に一大観光農園の開発を行う……などのニュースもあり、チベットの技術者を招聘しての中国のこれからの農業の発展は想像に難くないことだろう。昨年、ほんの僅かだがかの国と接点があった私の感覚からすると、「完全に容赦ない」のがあの国だ。

これからの国際食糧情勢に、ますます目が離せない事態になってきた。

 - 農業ニュース , , , , , , ,