超音波農業の可能性とは

      2017/04/09

当初は、ただ次世代技術を紹介したり、もっと農業界を盛り上げていきたいと思い開設したこのサイトだが、時代は予想以上に進化のスピードを早めているようだ。特に日本の技術レベルはさすがとも言うべきもので、我々農家が見知らぬ所でそのテクノロジーはどんどん進歩している。今回は、そんな中の一つをご紹介しよう。



超音波農業

落合陽一が語る: コンピュータデザインの未来とは

日本の農業は過去の負債を返済している段階なのであまり気付かれていないのかもしれないが、世界では農業はイノベーションの源泉となるような注目の的となっている。そして次第に工業と融和し始め、これからの農業にはIT技術の導入が必須だと言われているし、その通りだと思う。

上記で紹介した落合氏は、『現代の魔法使い』とも呼ばれている工業系エンジニアを通り越した、正に「アーティスト」なわけだが、そんな彼が農業にも興味を示していることが非常に興味深い。落合氏はどうやら『光』と『音』の魔術属性を持っているらしいが(笑)、農業……中でも受粉作業に超音波を使うことが可能だ、と示唆している。

これが次世代技術の可能性か……と思っていたら、つい先日こんな記事が出てきた。

エスペックミック、京大・名古屋工大と人工授粉装置を開発へ-超音波の空気振動利用

最早、既に開発されていたらしい。……後は実用化待ちということだろうか。そしてこうした技術を申し分なく活用できるような業界環境が必要だ。果たして今後、どれくらいのスピードで改革が行われていくのかが実に気になる。

そして、これからこのような、もっと面白いテクノロジーが出てくることを期待したい。

 - 農業ニュース, 農業技術 , , , , , ,