続々とドローン農業に参入する日本企業

      2017/04/09

ここに来て、いきなり日本もドローン農業に力を入れ始めたようだ。



ドローン農業ニュース

ドローンを稲作やぶどう栽培に生かす実験始まる

こちらは北海道の旭川と東川町で、フランスParrot社の「Bebop Drone」を活用する実験を行っているとのこと。やはり早くも技術の輸入が起こっているらしい。何度か書いたように、きちんと経営のサイクルが回っている地域では、先進的技術はいち早く導入されて実用化されていく。その良い例だと思われる。

一方で、国産のドローン開発もいよいよ始まってきたらしい。

ソニーがドローン事業に参入 建設や農業などで展開

やや遅い感もあるが、あのソニーがドローンに参入し、農業にも活用を検討しているとのこと。活用法はこれまでに紹介したような、上空からの撮影と画像解析による生育管理のようだ。部品には炭素繊維も使い、後追いではあるがその技術力を使った発展には期待ができそうな気がする。

ドローンも含めた、総合的IT農業の形

何だか一気に全国的に始まったドローン競争だが、筆者が最も注目したのはこちらだ。

ドローンやスマートグラスで佐賀県の農業ビッグデータを蓄積

およそ考えうる限りの全ての先進技術を活用した、ビッグデータへの取り組みである。空撮・設置型・そして管理者による栽培情報の取得により、総合的な栽培情報を解析していくのであろう。筆者が半年ほど前に想像していたことがいよいよ現実味を帯びてきた。

先んじて取り組まれてしまい、若干の悔しさはあるが、このような方向性になるのは十分に予測できたし、いずれ誰かが行うだろうと思ってはいた。そしてこれらの技術が導入され始めてきたということは、その先にある世界が見えてきたということでもある。

今後おそらく、これらの技術は自動運転農業と組み合わされて、農業自動化に向けての取り組みが行われていくだろう。そしていずれは、室内に居ながらにしてヘッドマウントディスプレイなどを被り、遠隔操作でトラクターを運転するようになっていくはずである。そしてそのトラクターを旗艦として、ドローンが周囲を飛び回り、補助作業を行うというまるでガンダムの世界のようなテクノロジーが生まれてくるに違いない。

おそらく、人類初のニュータイプが生まれるのは、きっと農家からになることだろう。

 - 農業ニュース, 農業技術 , , , , , , , , , , ,