ついに農業界の風向きが変わった!?いよいよ変化の時代が訪れそう #未来農業media #農業参入

こうして少しずつ啓蒙してきたせいか、ただの時代の流れなのか、急激に流れが変わりつつある最近の日本農業。いよいよ大きく風向きは変わってきそうだ。



植物工場の実態

「半導体工場は植物工場に向かない」パナソニックが講演

関係者たちの間では、以前から話題に上っていた植物工場の実態が分かってきた。いち早く参入したパナソニックの話が非常に参考になった。筆者が知らなかった部分としては、ランニングコストとなる設備に関わるエネルギーのコストが問題だということだ。

太陽の代わりとなる光合成のためのエネルギーを供給しなければならないため、そこを工夫しなければ採算は採れないらしい。まあ作っているのが軟弱野菜なのだから、売値もたかが知れているので当然か。こうなってくると、電気代が高い地域でのこの形態は難しそうである。設備投資に莫大な金額のかかる工場の場合、歩留まりは死活問題であるが、空調一つでここまで変わってくるとなると、相当綿密な設計をしなければならないので、まだまだ軌道に乗るには時間がかかりそうな気もする。

やはり個人的には、こうした施設は局所環境での実用化に向いていると思う。……宇宙とか。それにしても7−9割が赤字とは、これまでに安易に投入してきた資本のうち、一体どれだけが無駄に流れていってしまったのだろうか……。他にも可能性のある分野はたくさんあったのだから、非常に勿体無い使い方をしてしまったと思う。

ソフトバンクが農業 16年春に北海道で、IT使い効率生産

そうこうしているうちに、あちこちから農業参入の報が届いている。とうとうあのソフトバンクも……という記事だ。知人の大学教授がアドバイスをしたという話もあるので、それなりのポイントは掴んでいるのかも知れない。

次世代の農業に必要とされるもの

先日、次世代農業EXPOが開かれたようだが、おおよそ予想通りのラインナップだというニュースは確認した。いよいよ農業が変革されるフェーズに入ってきていると感じる。こうなってくると、もう家族経営がどうとか個人経営がどうとかいう話では無くなってくる。インフラにおいては資本力が、ニッチ分野においてはコンテンツ力が重要になってくるだろう。

少なくとも、「農業を守れ」だとか「農村を維持しよう」というセンテンスでの訴求力は全く無くなってくるはずだ。もはやそんなコンテンツには誰も魅力を感じない時代だ。いち早くそうした旧世代の価値観から変わることができた所だけが生き残っていくことと思われる。

……ということで、ほとんど反応が無くて残念だったこのサイトも、もっと自分の事業を進めるために使っていくことにしよう。農業分野に限らず、出資・協力・アドバイスを求める方からのご連絡を受け付けております。

関連キーワード
  • オーストラリアスーパー
    オーストラリア農業視察報告会(オンライン)を行います
  • 初めての農地の更新手続きの時にふと思うこと
  • 農業と本のブログの紹介 #未来農業media
  • これからの未来農業mediaの方針 #未来農業media
  • まもなく開催!世界農業ドリームプランプレゼンテーション! #未来農業Media
  • 自動農業ユグドラシルプロジェクト #未来農業media #ユグドラシルPJ
おすすめの記事
無機資材という可能性
TGA
十和田グリーンタフ・アグロサイエンス株式会社にご協力頂き、微生物資材とIPM(総合的病害虫管理)についての連載を開始しました。最初に、この連...