新たな日本農業の方向性とリーダーシップの不在 #未来農業Media

 



しばらくお休みしてました

農業ドリプラも終わり、別件の農村JACKのプレゼンも終わり、特に劇的な変化は無かったものの、課題も見えて一歩ずつ前進し始めています。

業界の方も、大分方向性は打ち出してきていますね。

一見、かなり力を入れているように見えますが、ドリプラでの熱弁などから見ても、逆に「方向性を打ち出すこと」しか打開策が無さそうな印象ですね。まだまだ力技に出ることは難しそうです。

そうこうしているうちに、植物工場も進化してきてますね。

大面積も必要ないし、企業だったらとりあえずこっちを目指すほうが正解かもしれません。

兎にも角にも、日本の政治家は国民を動かすほどの力は無くなってしまいました。リーダーシップの不在ですね。

当面は、各個人の経営能力を磨いていくしか無さそうです。

関連キーワード
農業ニュースの関連記事
  • 俺はまだ本気出してなかっただけだったAmazon!とうとう世界征服に向けてホールフーズを買収
  • 日本農業は何故輸出できないのか?現場から見てきたその3つの要因
  • 楽天が新たにテレファームと始める「Ragri」について考えてみる
  • インドネシアでも広がる生産者直売プラットフォームの広がり
  • ベトナム農業でバブルを迎えるハイテク農業とは一体何か?
  • 日本マイクロソフト株式会社たちが本腰を入れて始める産官学連携農業情報プラットフォーム
おすすめの記事
ビッグデータが魅せる農業の未来
農業ニュース
ここの所、農業最新テクノロジーが熱いので、日本農業のどうでもいいネタを更新する気があまり起きない。……なので、引き続き最新技術ネタをご紹介し...
海外農業の歴史 その1
海外農業
長らくお待たせしました。 日本国内の農業の歴史に続いて、海外の農業についても考察してみたいと思います。 (adsbygoogle = win...