イスラエル発、人工知能を活用した農業システム Prospera が700万ドルを調達 #未来農業media

   

イスラエル発、人工知能を活用した農業システム Prospera が700万ドルを調達

 

イスラエル発、人工知能を活用した農業システム Prospera が700万ドルを調達

いよいよスマート農業の本領が発揮される時代がやって来た。まずはオランダかアメリカ、そしてここイスラエルだと思っていたが、やはり調達額が桁違いだ。元々イスラエルは施設園芸の世界トップクラス国家だったため、このような動きも当然だろう。

気になるのはどの程度の設備や精度なのかということだが、この部分はあまり日本の最先端技術と相違ないだろう。違うとしたら、砂漠に近いという現地の気候と経済面でのエコシステムぐらいだろうか。

日本でも、数年前からこうした技術の開発には力を入れているが、肝心のエコシステム作りが一向に進んでいないため、遅れを取ることは間違いないだろう。唯一、ピンポイントでシステムを開発しているような企業は伸びるかもしれない。

施設園芸に関しては、間違いなく10年以内には遅くとも自動化される流れだろう。

 

緑とコミュニケーションする社会 〜ユグドラシルプロジェクト〜

筆者の運営するFacebookページです。

yggdrasill system

筆者へのコンタクト、仕事に関する依頼などは上記ページからお願いします。

 - 海外農業, 農業ニュース , , , ,