スマートフォンで管理する農地、AIの作物ヘルスケア「AgTech」が変える、農業の未来 #未来農業media




スマートフォンで管理する農地、AIの作物ヘルスケア「AgTech」が変える、農業の未来

https://www.blwisdom.com/technology/series/tefuture/item/10573/10573.html

いよいよIoTによって管理される農業が本格的に普及してきたようだ。上記リンクで紹介したのは、PaddyWatchという屋外用センサーシステムである。

ベジタリアというベンチャーが手掛けているらしいが、この辺のセンサーシステムは『フィールドサーバ』というもので、元となる特許などはこのブログで以前に紹介したこともある、農研機構の平藤教授が開発したものらしい。

続々と開発され始める農業用センサーと課題

フィールドサーバの活用に関しては、上記リンク先記事で書いた通りだが、このベジタリアに関してはNTTドコモが。マイファームはソフトバンクと組んでそれぞれ展開しているようだ。北海道ではファームノートがスケールさせようとしている。

仕組みに関してはほとんどどれも同じと思われるため、問われるのは展開力であり、先端テクノロジーに疎い生産者たちを如何に束ねて囲い込めるかが重要になってくるだろう。そういう意味では、携帯会社と同じように、いち早く取り組んだ所たちでシェアを分け合い、いずれは天下三分の計になっていくのかもしれない……。

さてこうなってくると、最早時間の差はあるにせよ、農業が自動化されていくことも時間の問題だろう。ここで紹介したセンサーは水田用らしいが、こうしたビッグデータを集めて、いずれは複合的な農業ホールディングスを目指していくのだろうか。

IT農業戦国時代はまだまだ始まったばかりである……。

 

関連キーワード
  • 俺はまだ本気出してなかっただけだったAmazon!とうとう世界征服に向けてホールフーズを買収
  • 日本農業は何故輸出できないのか?現場から見てきたその3つの要因
  • 楽天が新たにテレファームと始める「Ragri」について考えてみる
  • インドネシアでも広がる生産者直売プラットフォームの広がり
  • ベトナム農業でバブルを迎えるハイテク農業とは一体何か?
  • 日本マイクロソフト株式会社たちが本腰を入れて始める産官学連携農業情報プラットフォーム
おすすめの記事
生態学的に見た安定土壌
農業技術
最近の農業界でも、色々と動きが起こってきているようですので、ここで私の大胆な仮説を展開したいと思います。 その一つが、『徐々に硬くなっていく...
最先端農業における育土という概念とは
農業技術
日本の先端農業の研究分野では、『育土』という概念が生まれているようです。 持続可能な農業という観点から、私はこの育土について非常に興味を持っ...
微生物防除の生成手順
TGA
微生物を病害の防除で使う場合、下記のような手順を踏みます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])...