女子向け農業スマホゲームを遊んでみる #未来農業media

最近、スマホゲームが非常に流行っている。

さらに、女子向けゲームも流行っているようだ。

そして、農業も女子向けに流行っているらしい。

というわけで、どうやら農業スマホゲームの女子向けバージョンが出てきたようなので、調査してみることにした。



ファーム(にんじん)プリンス

導入はこうだ。

img_0007

しがないOLの村山香織。

img_0008

都会の生活に疲れて田舎にやってきたらしい。

img_0009

とりあえず修行として、近所の三軒の農家に研修に行くことになったようだ。

ニンジン農家・トマト農家・そして大根農家のこいつらだ。

img_0011

一体どこの農村だ!?

……こんな農家男子がいたら、あっという間に過疎化は無くなるに違いない。

システム説明

ファーム(にんじん)プリンスのシステムはこうだ。

img_0013

右上のジョウロのアイコンをタップすると、収穫が100ポイント貯まる。

そして、畑へ行くアイコンをタップすると、畑に作物が転がっているので、タップすると1ずつポイントが貯まっていく。

img_0010

なんか楽しそうな雰囲気ではある。

img_0012

そして、こんな感じにエンディングがあるらしい。

さて、早速やってみよう

img_0022

畑にて、鍬で人力で農地を耕すOL村山。

img_0203

誰か一人を重点的に攻略していくのかと思ったら、それぞれを順番に回っていくらしい。

そして、一定のポイントが貯まると、こんな風にイベント?……が起こる。

img_0026

トマトが地面に転がっていても気にしてはいけない。

……きっとこれは、カゴメ用の加工トマトなのだ。

img_0028

野菜作りの秘訣は「愛」だ!と語るイケメン。

……きっと野菜の出来が悪くても、無理やりな理屈で食わせるタイプだね。

img_0053

なんか途中でありがちな災害イベントも発生し、イケメンたちは困ったりもする。

img_0206

頑張ってポイントを貯めていくと、段々イケメンたちはデレてきたり。そして……!

img_0241

野菜ソムリエアワードで、イケメンが育種したニンジンが金賞を受賞したらしい。

……自分で育種してるなんて、意外とやるなこのイケメン。

img_0242

プロポーズされる村山。

img_0243

あんなに無愛想だったイケメンが……なんと!

img_0244

感動のエンディング画像。



結論

クソゲーです。

img_0274

筆者の貴重な数時間を返して頂きたい。(なんとか無理やり修行だと思って数時間に収めた)

そして、農業を舐めるのもいい加減にして頂きたい。

いや、いくら今儲かってるからって、むしろスマホゲームの方を舐めるのもいい加減にして頂きたい。

  • 基本的に、行動ポイント回復待ちの待ちゲーであり、ゲーム性など全く無い
  • 無駄にシェアをすれば、ボーナスステージで20ポイントぐらいもらえる
  • 声なし、BGM2曲のみ、画像各2-3枚という超安上がり仕様
  • ストーリー性も薄っぺらく、5ページ1000文字も無さそうな物語と言えない物語
  • 原価10万もかかってないんじゃなかろうか
  • その割にショップだけは一人前で課金要素がある

どうですかこのクソゲーっぷり。たけしの挑戦状ぐらいは見習って欲しい。

こういうカネ目当てのオタクをバカにしたゲームかつ農業属性のものは淘汰されてほしいものですな。

次回、筆者だったらこんな農業ゲーム作る、というのを想像してみたいと思います。

関連キーワード
農業ニュースの関連記事
  • 俺はまだ本気出してなかっただけだったAmazon!とうとう世界征服に向けてホールフーズを買収
  • 日本農業は何故輸出できないのか?現場から見てきたその3つの要因
  • 楽天が新たにテレファームと始める「Ragri」について考えてみる
  • インドネシアでも広がる生産者直売プラットフォームの広がり
  • ベトナム農業でバブルを迎えるハイテク農業とは一体何か?
  • 日本マイクロソフト株式会社たちが本腰を入れて始める産官学連携農業情報プラットフォーム
おすすめの記事
生きた食材を食べるLiving Food
農業技術
バイオフードアーティストによる動く食材!!将来的に生きた食材が食卓にあがる??合成生物学を用いて考えられる食材!! 『踊り食い』という食文化...